お弁当作りのコツ

子どもやパパのため、あるいは自分用に、毎日のお弁当作りは意外にたいへん。簡単・スピーディー・美味のコツを伝授します!

サイトトップ > さめても美味しい!コツの巻

スポンサードリンク

お弁当作りのコツ

さめても美味しい!コツの巻


お弁当はふつうの料理とちがい、食べるときには完全にさめている状態です。だからこそ、美味しく食べてもらうにはいつもとちがった心くばりが必要に。そのちょっとした気持ちが、お弁当を美味しくするコツですよ! 


たとえば、お肉の選び方と調理法に注意しましょう。とくに寒い時期など、お肉は冷たくなると脂が舌ざわりや味をわるくしてしまいます。このため、お弁当のおかずには脂部分の少ないお肉を選びましょう。


また、炒めるときにタレに水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたり、あるいは卵とじにすると、さめた脂が気にならなくなります。これは覚えておきたい裏ワザですね。


お肉にかぎらず魚介類や野菜などすべての炒め物にも、さめても美味しいための条件があります。それはバターをなるべく使用しないこと。炒め物にバターをつかうと、寒い時期はバターが固まりがちだからです。できるだけ植物性の油(サフラワー油やオリーブオイル、グレープシードオイルなど)を使用して、食べるときにサラッとした料理になるよう気をつけましょう。


ベーコンやチャーシューのような加工食品もさめたときの脂が白く固まってしまい、冬に炒め物につかうのは避けたほうが無難だといえますね。


お弁当作りのコツ

MENU



スポンサードリンク